2012年10月24日

専門学校生が19歳(最年少)で公認会計士試験に合格

tokyo-np-20121024.jpg
東京新聞2012年10月24日の記事「この人」より。

昨年、19歳で公認会計士の2次試験に合格した、現在20歳の野田有里さん。

商業高校を経て専門学校に入学したと記事にあったので、お名前で検索してみたところ、東京IT会計専門学校の名古屋校に在学とありました。昨年の公認会計士の合格率は6.5%の狭き門だったそうで、その中でも最年少合格を果たし、しかもそれが現役の専門学校生だったというのは驚きです。

試験に合格するのが全てではありませんが、目標に向かって確実に踏み出していくという姿勢は、大学全入時代における専門学校の特長なのかもしれません。
posted by 専門学校ウェブ担当 at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 新聞・テレビのニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。